卒業生の声

麻布 山本亮くん [名古屋大学(医)]

僕は英語は中学一年生から六年間、数学は高校二年生から二年間、才塾にお世話になりました。 才塾の特徴は大学受験のための勉強はもちろんのこと、学校の定期テストの対策もしっかりと行ってくれるところだと思います。 定期テスト近くなると、学校の試験範囲の軽い復習をしてもらえたり、実際に過去に出された問題を見せてもらうことができました。 そのおかげで学校のテストでも高得点を取ることができました。

また、才塾は少人数のクラスで生徒の志望大学や生徒の学力に応じた授業がなされていて、授業中でも気軽に質問でき、 わかるまで解説してくれるので、授業がわからなくなることもありませんでした。

それに才塾の一番の特徴は生徒と先生の仲が本当に良いことだと思います。 勉強や進路のことはもちろん、学校の話や雑談も気軽にでき、いつも楽しく才塾に通うことができました。 生徒と先生の仲が良いことで、授業中も質問しやすかったと思います。

受験中はつらいこともありましたが、才塾の先生方に励まされ、無事に第一志望に合格することができました。 本当にありがとうございました。

暁星 鈴木大智くん [筑波大学(生命環境学群)]

才塾で、僕は中1から高3までの6年間主に英語を教わりました。 高3の6月まで部活を続け、以前から気になっていた筑波大学を第一志望に据えて受験勉強を始めたのは夏休みからでした。 部活中心の生活の中、才塾で英語を教わって、その復習をしたことが積み上がり、 英語だけは自信を持てるようになっていましたが、数学と化学の成績はあまり良いものではなく、 受験勉強といってもどう勉強したらよいのかさえわかっていませんでした。 それを才塾の先生に相談したところ、的確に方針を示してくださり、個別で授業をやっていただくことになって、 なんとか受験当日までに間に合わせることができました。

才塾の良さは、先生の熱心さと、大手の塾にはない先生との親密さだと思います。 学校のテスト勉強から受験指導まで、色々と支えてくださり、ありがとうございました。

世田谷学園 M.Mくん [上智大学(外国語)・法政大学(国際政治)]

中2の時から才塾に通い始めたのですが、正直なところ、中学生のうちはこれと言った目標もなく、 ただ「成績が平均点くらいならなんとかなるだろう」くらいにしか考えていませんでした。 高3に上がる時に、何の気なしに才塾の先生に「早慶上智ってそんなに難しいの?」と聞いてみると、 先生はにっこり笑って「今からでもお前がホントに行きたいのならなんとかしてやる」と言われ、俄然ヤル気になりました。

それからは、特に英語と社会に力を入れながら、先生に言われた通りの勉強法で頑張りました。 しかし、早々簡単に成績が上がるはずもありません。3年の1学期に受けた模試の分析表では、判定外でした。 やっぱりだめか…と諦めかけたときにも担当の先生ばかりでなく他のクラスや教科の先生が、励ましや適切なアドバイスをくれました。

結果、受験した学校すべてに合格…才塾で親身に相談にのってくれた先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

聖心女子学院 Sさん [東京女子医科大学・医]

私が才塾に通いだしたきっかけは、同じ学校の友達からの紹介でした。 初等科から小中高一貫の学校に通っていた私は、受験の経験がなく、 中1になる春に参加した才塾の体験授業で、中学受験をした生徒とのレベルの差に愕然としたのを覚えています。

中1から高3まで六年間通った才塾では、英語と数学を教えて頂きました。 学校の英語の授業でプログレスという特殊な教科書を使用していたのですが、 才塾でしっかりと予習復習ができていたので、学校の授業も苦労する事なく乗り切る事が出来ました。 また、才塾の数学では、学校の予習復習は勿論の事、学校では習わないけれども知っておいた方が良い公式 ・解法なども教えて頂き、数学を楽しみながら学ぶ事が出来ました。 やはり、理系の大学へ進学しようとすると、学校の授業だけでは対応しきれなかったので、 才塾で様々な問題に触れられて本当に良かったと思っています。

才塾の一番良い所は、生徒一人ひとりに先生が細かく丁寧に指導してくださる所だと思います。 塾側が、私の学校の傾向や行事などを把握してくれていたので、それに合わせて補習や対策をして下さり、大変心強かったです。 高2、高3になり、私に合った講習がなかった時には、私一人の為に先生が時間を割いてくださったり、 大学の推薦入試のための問題を集めて下さったりと、本当に沢山助けて頂きました。 今無事に大学に進学できたのも、才塾に通っていたからこそだと思っています。

Copyright(c) 2014 Saijuku All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme