H26夏期講習 講座紹介③:リエゾン-リスニング(Dターム2限・Eターム4限)

2014-06-26

講座名:『リエゾン-リスニング

日程 : ① Dターム (8/1~4)、② Eターム(8/7~10)

時限 : ① 11:10~12:40、② 15:10~16:40

 

日本の学校英語ではリスニング力がつかないのはなぜでしょう?もちろんCDなどを聞いてリスニング力を鍛える場合もあるでしょう。先生の後について音読する場合はどうでしょうか?書かれてある通りに読んで練習していませんか?

皆さんも経験があると思いますが、ネイティブスピーカーが英語を話す場合、文字通りの発音をしているわけではありません。例えば,学校では Good afternoon. を「グッドアフタヌーン」というような読み方で習いますが、ネイティブスピーカーが発する音声は『グラフタヌーン』というふうに聞こえます。これはリエゾンと言って、ある単語の語尾と次の単語の語頭の母音がつながることから起こります。この Good afternoon. では、 Good の語尾dの後に母音の a が続くと「ラ」の音になるのです。

英文を書いてある通りに音読したりCDを忍耐強く聞いたりしてもすぐにはリスニング力が上がらないのはなぜでしょう。聞いたことのない単語を相手がしゃべっても何を言っているか分かりませんね。 Good afternoon. は文字では分かります。でも実際の発音があなたにとって聞いたことのない音なら、ネイティブが Good afternoon. と言っても何て言ったのか分かりません。ですからリスニング力を大幅に向上させるにはこの『実際に聞こえる音』に聞き慣れることが1番の近道なのです。

そこでリスニング力をつけたい皆さんのために用意した講座が「リエゾン-リスニング」です。この講座では様々な種類のリエゾンを徹底的に聞き込み、自分で発音する練習をしていきます。何度も発音練習をすると言い方が滑らかになり記憶に残りやすくなります。頭の中にネイティブの発音に近い音が蓄積されるので,リスニングをしているときにその音に出くわすと瞬時にどういう音が発音されたのかが分かるようになります。また,この講座は単語や文法の難易度などには関係がありません。音のつながり方を勉強するので、やる気があればどの学年の人も受講することが可能です。リスニング力をつけたいと思っている人は是非受講して下さい。

内容の異なる2つの講座を用意しております。1講座だけでも効果がありますが、種類の異なるリエゾンを取り上げますので両方受講されることをお勧めします。さらに、この講座で練習した成果を試してみたいという人には特別講座「Scriptで観るロードショー」もお勧めです。昨年リエゾンリスニングを練習した後にこの講座を受講した生徒からは「映画のセリフが実際に聞き取れるようになりました。」という感想をもらいました。皆さんもぜひ試してみてください。

リエゾン-リスニング紹介動画

Copyright(c) 2014 Saijuku All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme