3月, 2019年

「当たり前」をやめる

2019-03-27

3月25日(月)の日経新聞につまらない「朝の会」を刷新したという先生の記事が載っていました。

生徒達が「早く終わらないかなあ」と思う「朝の会」をやめ、「今日も一日頑張るぞ!」という気持ちと雰囲気を作る「朝の会」に変えたという内容です。

その内容は、

「自分のテンションを手の高さで表す」
「全力ジャンケン」(本気でして勝った喜び、負けた悲しみを全身で表す)
「目標宣言」(全員が挙手し今日の目標を言う)
「ハイ&ポジティブトレーニング」(テンポよく挨拶やプラスの声掛けをする)

というものだそうです。

そして一か月後、変化が起こります。

8割の生徒が手を挙げる、漢字テストの平均点も上がる。

この記事を読んだとき、なんて楽しそうな「朝の会」なんだろうと思いました。

「朝の会」が楽しそうに思えるのは、全て自分から積極的に行動するメニューである点ではないでしょうか。

ただ「先生の話を静かに聞くことを要求される」代わりに、全力で「ジャンケン」する。

勝っても負けてもその喜びや悲しみを全身で表す、などはクラス全体が笑いに包まれている様子が想像できます。

気持ちが明るく楽しくなると、気持ちも「前向き」になるという法則があるのだと思います。

すると授業での積極的な行動に繋がるのだという大切なことをこの記事から学びました。

このことは中学生、高校生にも共通して言えることだと思います。

伸び悩んでいる生徒に共通していることは、勉強とは「つまらないもの」であると思ってしまうことです。

この「当たり前」をなんとか壊したい、という思いで日々の授業を工夫し、

生徒への挨拶や声掛けも大切にして、

個別指導の生徒保護者への授業報告書にも心を込めて今後も書いていきたいと思います。

 

View this post on Instagram

「サイ じゅく〜〜」 こんなおもしろいもの見つけました!サイですよ!サイのゴム!私以外の一体誰が買うのでしょうか…(とても外ではつけられませんが)これをつけている時は「超ご機嫌」なサカモトだと思って下さい。 #さいじゅく #サイ #動物ゴム

Saijukuさん(@saijuku)がシェアした投稿 –

「お帰りなさい!」NYに留学中の生徒が一時帰国で遊びに来てくれました。

2019-03-22

映画やミュージカルが大好きだったT.Hさん。

英語と歌、音楽の勉強のために昨年高校2年生の時にNYへ渡米しました。

春休みで帰国し、才塾のお友達と遊びに来てくれました。

(ちょっと大人っぽくなったかも…)

ずっと日本を出たかった彼女は今NYの高校で毎日が楽しいと語っていました。

何が一番楽しいの?と聞くと、

いろいろな国の人達と出会えたことだそうで、彼女のお友達はトルコ、中国、韓国、ベトナム、スイス、ノルウェー、サウジアラビア、インドネシア、フランス、ロシアなど幅広い国の人達だそうです。

(確かに日本の高校ではこのラインナップはなかなかあり得ませんね)

彼らと友達になったことで世界が変わった、お互いの国の状況が分かるようになったそうです。

提出物はきちんと出さないと成績が下がるので勉強は大変だそうですが、もともと楽観的な彼女はNYでの高校生活を本当に楽しんでいるようです。

大変なことは何?と質問してみました。

すると、今寮生活なので「3人部屋」で生活しなければならないこと、そして「食べ物」と返事が返ってきました。

やはり帰国してほっとすることは、「お風呂」と「食べ物」だそうです。

「お菓子はポテチ以外全て甘イィ~!」と言っていました。

最後に才塾の皆さんに一言お願いすると、

「海外に行きたいなら絶対に行くべき!」とT.Hさん。

自分のやりたいことに向かって歩いている彼女に「元気」をもらった気がします。

 

View this post on Instagram

NYに留学した生徒が春休みに一時帰国で遊びに来てくれました。いろいろな国の人と出会えてとても楽しい高校生活を送っているそうです。彼女のエピソードの続きはブログで。 #さいじゅく

Saijukuさん(@saijuku)がシェアした投稿 –

最新の「眠気覚まし」登場!

2019-03-19

中国のお土産をいただきました。

これがなんと超激辛!

辛いものが苦手な坂元はもう匂いの段階で鼻がおかしくなりました。

くしゃみも出る出る!

辛いもの苦手な人には本当に「危険レベル」のお菓子です。

 

皆さん、知ってました?「爆辣味」って。

武石先生にとっては「なんか身体がシャキッとする」味だそうです。

 

あまりの辛さに目が覚めるので、才塾では授業中や自習中に居眠りする生徒の「気付け薬」として利用することに認定!

 

生徒の皆さん、辛いの好きな方、是非食べてみてください。

なかなか減らないんです…

 

(坂元)

 

View this post on Instagram

中国のお土産をいただきました。一口食べて、「Fire〜!」超激辛‼︎辛いモノ苦手な人には危険レベル。恐るべし「爆辣味」!辛いモノ好きな塾生の方、是非食べてみませんか?なかなか減りません… #さいじゅく#爆辣味#中国お菓子

Saijukuさん(@saijuku)がシェアした投稿 –

卒業生が遊びに来てくれました!

2019-03-12

春休みなので卒業生が遊びに来てくれました。

雙葉卒のI.Sさん。(雙葉→慶應大(法)→旭川医科大)

 

彼女は慶應大卒業後、医師を目指し、学士入学で旭川医科大学に入った人です。

 

彼女は高校時代から医療系に興味はありましたが、理数系科目が苦手だったので、

法学部に入学しました。

でも医師への道を諦められず、卒業後少し回り道をしましたが無事に希望の大学に入学しました。

(凄い!)

 

中・高・大と私立で学んだので、ご両親に負担かけまいと医学部は国立を目指したそうです。

(偉いですね!)

 

 

彼女が医師を目指した経緯を少しお話します。

研究室では法医学を学んだ彼女でしたが、医療裁判での被告と原告との争いにちょっと違和感を感じたそうです。

 

その違和感とは…

 

医師は「人の命を救う」。

 

一方、弁護士は「死んだ人」の権利を守るのではなく、

「生きている人」の(ちょっと言葉悪いのですが)ドロドロした欲望や権利を守る側であること、と感じたそうです。

(なるほど…)

 

今は旭川医科大学で充実した日々を送っている彼女に、何科の先生を目指しているのかと聞くと、

 

「まだ分からないのですが、「眼科」の場合は網膜などとても細かい作業の手術をすることになります。これは非常に難しく、自分には向かないと思います。

でも、お腹など他の身体の部分ならちょっとぐらい切り口がずれても大丈夫かな。」

とおちゃめな発言をしていました。

 

今は精神科にも興味を持っているそうです。

 

I.Sさんからの塾生への一言をいただきました。

「今、頑張っていることを信じてください。」

 

きっととても明るくて優しいお医者様になることでしょう。

 

卒業後も遊びに来てくれる卒業生、嬉しいです!

 

 

 

 

 

View this post on Instagram

卒業生が春休みに遊びに来てくれました。彼女は雙葉を卒業後に慶應の法学部に進み、その後旭川医科大学に学士入学で入った人です。卒業生の訪問は嬉しい!(彼女の慶應(法)から医学部へ進んだ理由を知りたい方はHPのブログまで) #才塾

Saijukuさん(@saijuku)がシェアした投稿 –

Copyright(c) 2014 Saijuku All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme